ポーラ美術館と岡田美術館の喜多川歌麿の「雪月花」三部作
「深川の雪」「品川の月」「吉原の花」を
見るのが最大の目的で

リゾ−ピア箱根には
平成29年10月15日(日)初めて泊まりました。

フロントの様子です。

s-2017-10-16 025

スポンサーリンク

箱根には行ったことがあったが宿泊は初めてす。
リゾ−ピア箱根は私の友人がここの会員であったので
予約してくれました。

リゾーピア箱根のアクセスは
強羅から箱根登山ケーブルカーに乗って
約6分中強羅で下車しました。
s-2017-10-15 095

中強羅駅から歩いてリゾ−ピア箱根の入口は2分位の距離ですが、
そこからホテルまではけっこうの急さかを数分登りますので
シニアには一寸キツい感じでした。

入り口にインターホンがあって
ならすとシャトルバスが迎えに来てくれるようなので
荷物等の多い人は利用した方がいいと思います。

また

時間によっては強羅駅からリゾ−ピア箱根まで
シャトルバスも出ています。
14:40 15:40 16:40 予約は不要のようです。

◇リゾートピア箱根の6F洋室

フロントで受付をしたらソフトドリンク券を頂いたので
ラウンジでくつろぎの一時としました。
s-2017-10-15 099

本館と強羅館があって今回は
本館の最上階600号室です。
s-2017-10-16 026


6階エレベーターから降りた客室側の様子です。
s-2017-10-16 021

600号室、洋室ドアーから部屋の様子です。
すでに室温はコントールされており25度設定で稼働していました。
外は秋雨で寒かったので暖かい心遣いに感心しました。
s-2017-10-15 100

窓側から部屋の様子です、
s-2017-10-15 101

ディスク、テレビ、冷蔵庫、リモコン、照明等の様子です。
2017年4月1日より、客室を含め全館でWi-Fiがご利用可能です。
s-2017-10-15 105

男女別の浴衣がありました、その下には
スリッパと草履もあります。

s-2017-10-15 103

 

テーブルにはお勧めのお菓子と緑茶です。

s-2017-10-15 104

 

風呂、トイレ、アメニティの様子です。

s-2017-10-15 106


部屋から外の眺め、
秋雨前線の影響で雨降りで霧がかかっていました。

s-2017-10-16 004

 

晴れていれば大文字焼きの大の字が見えるようです。

毎年8月16日には箱根の明星ヶ岳に浮かび上がる『大文字』
霊を慰めるうら盆の送火の意味を持つと言われる
大文字焼きの時は花火も上がると聞いています。

強羅駅改札口近くに飾ってあった大文字焼きの絵です。s-2017-10-16 033

 

◇3F日本料理樹林で会席料理《龍神》

日本料理「樹林」の入口の様子です。
s-2017-10-15 135

  • 前 菜
    柿と三島甘藷の白掛け 甘海老 隠元 鮎ハーブオイル蒸し
    チャービル 菊花と白身の押し寿司 石榴 鮭の香煎揚げ
    黄身かすてら 焼き目栗蜜煮 餅銀杏


    s-2017-10-15 108

  • お椀盛り
    蕪すり流し 萩真丈 西麓蕪ら 三島平茸 柚子

    s-2017-10-15 111

  • お造り
    本鮪 金目鯛 勘八 芽物色々 土佐醤油 山葵
    s-2017-10-15 113

  • 御凌(おしの)ぎ
    美味鳥治部煮 蕎麦豆冨 滑子 分葱 友地餡
    s-2017-10-15 115

  • 焼 肴
    鰆香り焼きと舞茸の杉板焼き 甘長 焼き蓮根
    牛蒡味噌 林檎卸し和え とんぶり 酢橘
    s-2017-10-15 120

  • 焜 炉
    足柄牛のすき鍋 菠蓮草 笹がき牛蒡 葱 椎茸
    もっちり豆乳 富士朝霧高原卵の温玉 山椒

    s-2017-10-15 123

  • 食事
    赤出汁 桜海老と伊豆黒米飯ご飯 修善寺椎茸味噌 曽我の梅干s-2017-10-15 128

  • 水菓子
    洋梨のムース 洋梨 シナモン 杏子 ブルーベリー クコの実
    アプリコットソース ミント 甘藷小倉羊羹 黒蜜 焙煎黄な粉s-2017-10-15 131

 

  • 会席料理を動画に編集しました。


◇リゾ−ピア箱根《朝食バイキング》 6F


バイキング会場入口SIMPLON
s-2017-10-16 022

朝食バイキングは7:30〜10:00
大人1,800円、小人1,000円、幼児(3〜6才)500円
それぞれ税抜き表示です。
s-2017-10-16 020


8時に朝食バイキングに行ったら
会場は満席であったので
8:30にしました、それでもけっこう一杯でした。
s-2017-10-16 007

各種メニューの様子です。
s-2017-10-16 018

生野菜コーナー
s-2017-10-16 012

フルーツ・果物・ヨーグルト
s-2017-10-16 013

焼き魚etc
s-2017-10-16 011

味噌汁、ご飯、お粥、納豆、海苔
s-2017-10-16 010

パンetc
s-2017-10-16 016

数ある中で選んだ食品は
いつもより豪華な和食中心です。

バイキングでは食べ過ぎに注意してね!

s-2017-10-16 008

食後のコーヒーとヨーグルトです。

s-2017-10-16 014

ご馳走様でした。
s-2017-10-16 009

 

◇メインの行程は

10時にチェックアウトして
ホテルのシャトルバスで強羅まで送って頂きました。

s-2017-10-16 028


そして岡田美術館へ行きました。
s-2017-10-16 057

 

前日にはポーラ美術館を見学しました。

 

◇まとめ(感想)

今回の美術館巡りは列車の旅としました。
特急ロマンスカー、箱根登山電車、箱根登山バス
箱根登山ケーブルカーetcに乗っては

子どものように心が弾みました。

美術館巡りでは・・・・。

ポーラ美術館では1時間30分の見学
岡田美術館では3時間の見学と
絵のシャワーを頭から全身に浴び2日間でした。


初日のポーラ美術館では今までにない
見学体験でしたので
少々疲れ気味にもなり、たびたびの小休止、

翌日の岡田美術館では身体の受け入れが
慣れたのでしょうか?3時間も経つのを忘れるほど
絵の空間に自分が立っていました。

自然体の自分に起死回生したのかな?

絵心なく美術の事はよく分からないし
「ただただ」ひたすら分からないままでも
絵は何かを語りかけてくれているのかも知れません。

時空を超えて共感できて
それがとっても良かったみたい。

美術館巡りは無頓着であった自分に
氣づきを与えてくれた瞬間であったかも知れません

そんな訳で
心身共に充電できたし、リフレッシュ出来ました。

友人が企画してくれた旅に参加出来て
新しい発見に感謝しています。
最高な氣分になれました。

「また」箱根に行きたいし
その時は
リゾ−ピア箱根に是非泊まりたいと思っています。

スポンサーリンク