イネ(稲)にお米の花が咲く時期はそれと『いつ何時』なのか?
自宅近くの田んぼに稲が植わっているので、
今年は注意深く観察して見ることとしました。

画像でも動画でも撮ってみました。

s-2017-08-13 071


スポンサーリンク

一方、別な農地に目をやれば・・・

農業の後継者不足で休耕田も増えてきて、
これからのコメ農家はどうなっていくのか
心配の一途をたどっています。

s-2017-07-15 001
この緑のじゅうたんは稲でなく雑草です。

■稲穂が出て白いお米の花が咲いた


長野県の諏訪地方では
8月になれば稲穂が出てきてお米の花が咲き始めています。

今回の観察は、
夏休みの自由研究で孫がお米の花を調べて見たいということで
一緒に観察して見ることにしました。

このレポートは孫の自由研究でもありましたが、
それよりも自分でもお米の花を知る
そして、なおかつ学ぶよい経験でした。

かつては自分もお米を作ったことはありましたが
漠然と米作りをやっていたので
しっかりとお米の花を注意深く観察したのは初めてとなりました。

8月12日、午後2時頃に散歩をしながら見に行ったんですが・・・
白いお米の花は咲いてはいましたが、
殻から出ているのばっかりでした。

s-2017-08-17 015

稲穂に白いの見えますが、これがお米の花ですが、
もみ殻らから出ている「おしべ」だと分かりました。

じゃ「めしべ」は・・・?

そんな疑問を感じながら、
いつ、もみ殻が開いて顔を出すのかな〜と思っていました。

是非、開いている状態を観察しなくてはと考え、
一応ネットで調べて見ることとしました。

その検索結果で分かったことは
お米の花の開花は
午前10時頃から2時間位の時間帯だと分かりました。

お〜なるほど!

そこで、

翌日(8/13)も天気が良かったので
午前11時頃に出かけて
お米の花の開花が見れるのか行ってみました。

目をキョロキョロさせながら
じ〜〜と目をこらして見ること・・・・

あった〜 見つけた〜
お宝を発見したような氣分でしたネ。

カメラでもしっかり撮ろうと接写を試みるため、
絞り優先でf3.3 露出時間1/640秒 ISO-100
PanasonicのDMC-TZ70のコンデジです。

s-2017-08-13 017
お米の花の写真をカメラにおさめることが出来ました。

孫の自由研究でもあったので
花の名称を書き込んで見ました。
s-2017-08-13 029

もみ殻が二つに開いて

おしべ」と「めしべ」が確認

出来ますよね。

人生を長く生きてきましたが?
自分としても初めての観察でした。
気づくのが遅かったかも知れません(汗)


この花も午後の時間帯になりますと
もみ殻は閉じられて
お米の花は「おしべ」だけが外に出でいる状態となります。

s-2017-08-12 037

s-2017-08-12 026

早い時期に咲いたお米の花は
もう枯れて
こうべが垂れ始めていました。

s-2017-08-17 027

■まとめとして

このレポートが自由研究の資料に
少しでも役立てばと思いながらまとめています。

  • 8月頃、稲穂に白い花が見えるようになったら
    開花時間帯は午前中の10時位から2時間位です。
  • 午後になれば、もみ殻は閉じて
    見えるのは「おしべ」です。
  • 映像でもこの流れを編集してみました。



    今年の夏は梅雨明け後になって
    記録的な雨の日が続き
    日照時間が例年より少なくっています。

    お米の豊作を祈ってペンを置きます。


  • 追記2019年
    お米の画像を使いたいとのコメントがありましたので、
    このブログの画像よりきれいな画像をフォットのアルバムに
    アップしておきました。

    ご自由にお使いください。
    https://goo.gl/photos/7Yxqn9DdyAbESA3j6


  • お米の花で自由研究の宿題のまとめ方を
    こちらのブログにも関連記事としてアップしました。
    https://osanpomichi.com/jiyuukenkyuu/
スポンサーリンク