ついに来た初めての高齢者講習のお知らせでした。

道路交通法の規定により運転免許の更新前に
「高齢者講習」を受ないと
自動車免許の更新が出来ない旨のお知らせでした。

初めての高齢者講習のお知らせのハガキです。
koureisyakousyuu

スポンサーリンク

■高齢者講習のお知らせの内容とは

  • 対象者
    免許証の有効期間が満了する年齢が
    70歳以上75歳満の方
  • 受講期間
    免許証有効期間が満了する日の
    6ヶ月前から
  • 参考予約先として
    最寄りの教習所が書かれていましたが
    裏面には県内の自動車学校(教習所)が
    書かれていました。
  • 手数料:5,600円
  • 予約メモとして
    講習日と受付時間が記入出来るようになっています。
  • 講習時の持ち物として
    @運転免許証
    A講習手数料
    Bこの通知書

    そのほかとして
    筆記具、
    眼鏡、補聴器(必要な方)
    運転に適した服装や靴

■高齢者講習の時間と内容 とは


scan170102 

高齢者講習のお知らせのハガキより抜粋

  • DVDや講義による安全運転指導
    30分
  • 運転適正検査機による診断と指導
    1時間
  • 車を運転してお実技講習
    1時間
  • 参加者同士の意見交換
    30分

■高齢者講習のお知らせにより予約をした


高齢者講習のお知らせのハガキを受け取って
4ヶ月は、ほったらかしの状態でした。

誕生日近くになったら予約しようと
考えていたからでした。

先輩の知人にハガキが来ている旨話したら
早く申し込まないと間に合わないよと言われ
早速予約をすることにしました。

すでに誕生日1ヶ月前の出来事でした。
ハガキに書かれた予約先に電話をしました。

予約してから1週間位で受講できかと思っていましたが
いや〜ビックリです。
1ヶ月半先と言われました。

免許更新期間には、かろうじて間に合ってホットしました。

今や教習所は
高齢者講習で成り立っているのではないかと
思った次第です。

午前と午後の2回の
平日は毎日高齢者講習が
開催されている状況です。

それであって

聞くところによると
高齢者講習受講まで
2〜3ヶ月待たされるところあるようです。

高齢者講習のお知らせのハガキが届いたら
上記の状況からみて早めの予約をお勧めします。

■高齢者講習会当日の体験記


■受付
予約先の自動車教習所は近くであったので歩いて出かけました。

午前の部と午後の部がありましたが午後の部で
12時30分〜45分の受付です。
1回の受講者は12名でした。

記入する書類には
体調関係や受講中の緊急連絡先等の
記入欄があったのが印象的でした。

やはり高齢者ですから
いつなんどき身体の具合が悪くなるかもしれませんので
そんな対応にも注意が払われているんですね。

そして
写真の撮影がありました。

その訳は
後で分かったんですが、
修了証明書の写真と免許の更新の写真に使います。

諏訪中央自動車学校の玄関の様子です。

2016-12-16 008




玄関の入口には高齢者講習受付の看板が常設でありました。
2016-12-16 009


別棟に専用の高齢者講習棟がありました。
平屋造りですが立派な建物です。


高齢者講習講習棟の玄関です。

2016-12-16 007



■講習会の内容

  • DVDや講義による安全運転指導として
    テキストが2冊です。
    scan170104


    scan170104-2

    この中で
    加齢に及ぼす運転への影響と
    高齢運転者と免許制度について
    重点的にお話してくれました。


    講義中の様子です
    2016-12-16 006
  • 運転適正検査機による診断と指導
    ※74歳以下でしたので認知機能検査はありません。



    検査を行っている様子です
    2016-12-16 003


    @視野測定検査
    A動体視力
    ・動きながら物を見たり、動いている物を見る場合の視力
    B夜間視力
    C運転適性検査
    ・状況の変化に対する反応の速さと正確さ
    ・複数の作業を同時に行う能力

    モニターを見ながら
    アクセルを踏んだりブレーキを踏んだり
    ゲームセンターにある遊びのようなマシンでやりました。
    Cの運転適性検査の様子です
    2016-12-16 005
  • 車を運転しての実技指導
    教習所の普通車に受講生3人が同乗しました。

    教習所の中を教官の指示で運転コースを廻るので
    コースは特に覚える必要はありません。

    S字、バックしての車庫入れ、クランク等
    約10分位の運転です。

    特に注意点としては

    左右をよく確認すること
    高齢者は視野狭くなっているので
    首をよく振って左、右と確認することが大事でした。

    それと、

    一旦停止では
    ブレーキをよく踏んで
    タイヤが完全に止まった状態であることですね、

    ブレーキを踏んで止まった気になっていれば
    タイヤが動いていることがたたあります。
    完全に停止を確認して発進しましょう。

    私は、最初でなく最後の運転であったので
    コースの動きもわかり、
    教官の注意点も聞いているので楽でした。

    それと

    最初の人の運転時は受講生が3人乗っているが
    終われば最初の人から車から降りて
    教室に戻っているので・・・。

    最後の人は
    教官と教習生1人ということで
    一寸気持ち的にも気楽でした。
  • 参加者同士の意見交換で最後となります。
    特にミーティングが行われるのでなく
    高齢者講習修了証明書が渡されました。

    高齢者講習修了証明書です
    2016-12-19 006

■まとめとして

  • 高齢者講習のお知らせがきたらすぐ予約しましよう。
    教習所によっては
    予約して受講まで2〜3ヶ月待たされます。
    運転免許の更新に間に合わなくなる
    可能性がありますのすぐ予約しましょう。
  • 74歳以下の機能検査であったので
    認知機能検査はありません。

    具体的には
    今日は何曜日ですかとか午後2時10分の
    時計の絵を描くとか等の検査はありません。
  • 受講すればだれでも問題なく
    高齢者講習修了証明書が頂けます。
  • 高齢者講習修了証明書をもって
    初めて免許の更新が手続きが出来るので

    高齢者講習受講後は速やかに
    最寄りの警察署で運転免許の更新を行ってください。
  • こちらの記事もどうぞ、
    75歳以上の認知機能検査の私の体験記で、

    今日の年月日とか曜日とかを答える他
    16枚のイラストを見たあと、
    どんなイラストがあったか答える検査ですが、

    実際の出題テスト問題でまとめてあります。
    https://osanpomichi.com/nintikinoukensa/
スポンサーリンク