松本市の県の森まで行く用事があり
諏訪市内から出発
国道20号線の塩嶺峠頂上付近に差し掛かったら

太陽の光線を浴びて
キラキラ光る木々が沢山

山並みも白く輝いていました。

遠方のブルーの山並みは八ヶ岳です
2016-02-02 088

なんと

雨氷でした。

スポンサーリンク

想定外の光栄に
思わず車を塩嶺公園の駐車場に止めて
自然観察としました。
2016-02-02 100


塩嶺峠の雨氷
木々の枝が氷に包まれている様子です
2016-02-02 046


雨氷によって木の枝が重くなって
しなっている様子です。
WS000001

テレビ等のニュースによると
松本市では
この雨氷が木々を折り倒し
通行止めや集落を孤立させたり
停電があったりで、

自然は美しさもあるが
時には牙もむく脅威ですネ。

雨氷の枝は時には倒れたり折れたりですね、2016-02-02 091



日中の暖かさで雨氷も氷柱のようですね2016-02-02 067

雨氷での被害があったので
状況確認でヘリコプターが飛んでいました。
2016-02-02 094

木の枝は透明な氷に包まれてた様子です。2016-02-02 043

2016-02-02 049


一寸接写でも撮ってみました。
2016-02-02 084


塩尻峠(国道20号線)の頂上付近から下り始めた
道路の両端は雨氷で一杯でした。

そして、そこには
中部電力の方やNTTの方等の復旧作業をしており
通行規制がしかれていました。

雨が、木や枝で凍る「雨氷」という現象で、
この氷の重みに耐えられなくなり、
中信各地で次々と木が倒れたとみられています。

今回は

この影響で、松本市では道路が寸断し、
一時、扉温泉の旅館の宿泊客など、
120人が孤立する事態になりました。

今日2/2(火)は、問題なく通れましたが

1/30(土)早朝は雨氷により
倒木した木が道路に倒れ込み
一時通行止め区間であったことを後で知りました。


雨氷の災害に遭われた方を思うと
氣が重くなりますが・・・

たまたま

通った塩嶺峠の雨氷との出会い
「ついてる」と感じた良い日でありました。

スポンサーリンク